澤田 翔

1985年生まれ。
連続起業家、エンジニア。慶應義塾大学環境情報学部卒。
在学中にアトランティスの創業に参画。 2011 年、ビットセラーを創業。スマートフォンアプリを手がけて2015年にKDDIに売却。
世界の決済サービスやニューリテール (小売業のIT融合) に造詣が深く、インターネットの社会実装をテーマにした「インターネットプラス研究所」を2018年に設立。
中国デジタル化の最新動向に詳しく、レポートも多数執筆している。
執筆は『プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション』(KADOKAWA、共著)ほか https://z.shao.jp/contributed を参照。